本ブログで書くことについて

はじめに

はじめに

「適応と過剰のあいだ」に来てくださり大変ありがとうございます!このページでは、このブログの概要についてざっくり説明をしております。

ブログ主について

このブログの著者は「まる」といいます。以下、自己紹介です。

一橋大学社会学部社会学科卒。中学・大学受験にて周囲との勉強の仕方の違いに気付き、新卒の就活で苦労をするという経験をする。社会人になってから業務適性を知る目的で知能検査を受け、ギフテッド特性を持つことを知る。現在は、自身の経験を活かし、個人および『生きづらさをかかえた方のためのオンラインサービス』Co-ringにてギフテッド・2Eとその保護者向けに個別指導や支援活動を行う。ギフテッド向けのイベント企画、哲学対話ファシリテーター等も行っている。JAPAN MENSA会員。

このブログは上記のような場やお子さまへの個別指導・相談の場にてまる個人が考えた事について書いているものです。

まるのこれまでについては、以下記事や、ギフテッド・2Eに関する情報発信をしているMaiさんという方のYoutubeに出させていただいた時の動画もぜひ参考にしてください!

↓成人ギフテッド当事者・Maiさんとの対談動画。前後編に分かれている前編です。

このブログで書いていること

このブログを訪れるのは、自身やお子様がギフテッド、ないし知能検査で高IQ(そして指標間の凸凹など)が出た方だろうと思っております。そのような方に向けて、まる自身の身の上や実際に接した方たちに関する文章を書いています。

記事を読んでいただき、少しでも「自分(お子様)にも近いところがある!」と思っていただける箇所があれば嬉しいなと思います。

なお、まるは専門的な所属機関や専門資格を有している者ではないので、あくまで個人の見解を述べている場とご認識ください。

「適応と過剰のあいだ」というネーミングについて

言うまでもなく、「過剰適応」というフレーズを元にしたものです。

過剰適応は周囲の期待に応えようと無理をする、過剰に適応する、という意味の言葉です。カモフラージュやマスキングとも言い、自分を抑えがちな人(特に女性に多い)や発達障害の特性を隠して周囲に馴染もうとするといった文脈で用いられることが多いです。

私、まるはこの過剰適応が個人的に関心のあることだなあと思っており、ブログのタイトルにまでしてしまいました。

過剰適応は、考えれば考えるほど、マイナスな要素は無く、むしろ社会への適応のために一生懸命よかれと思ってやっていることだと思わされます。でも、それってどこまでやったら過剰になるのか…?

そして、それを「過剰」と呼ぶのは、本当に自分なのか?そして、素で「過剰」なのだとしたら、そこをどう知り、自分の一部としてマブダチになっていくか?

このブログは、外部から「過剰」かもしれないと呼ばれる何かについて、ブログ主が徹底的に面白がってああでもないこうでもないとつらつら言葉を並べていく場です。funnyではなく、interestingです。

まるのこれまで

ブログ

2023年6月に開始しました。「女の子/女性のギフテッド 」という検索ワードでここに来てくださっている方が多い印象です。

元々は自身の抜毛症に関する考察を書くところから始まったブログです。そこから扱う内容を広げ、既存の高IQ/ギフテッドや切っても切れない発達障害のイメージ、また女性・女の子のマイノリティ性といった内容が主な内容となっています。記事の更新は大体週1ほどのペースです(たまに滞ることもあります…大目に見てください笑)

Maiの居場所プロジェクト(仮)

2024年1月より、対談動画でも出てきたMaiさん、そしてこゆきちゃんという同じくギフテッド当事者と3人で運営をやらせてもらっています(2024年4月現在)。

【告知】居場所プロジェクト、始めます。|Mai | ギフテッド・2E教育専門家
※注意:前置きが長いです。居場所の概要、お申し込み方法等は、目次より飛んでください🙇‍♀️これまでの活動を振り返って…皆さん、こんにちは😊Maiです。ギフテッド・2E向けの取り組みに本腰を入れたいと思い、起業してから1年ちょっと。今年は、JAPAMMENSA内で年少会員オフ会を開いたり、保護者団体さんのイベントにお邪魔...

週1ほどのペースで、小人数で参加者の子+運営で色々なことをするというプロジェクトです。

参加対象としたのは単発のイベントだと刺激が強かったり、静かで落ち着いた場で自分が出やすい子たち。活動の中では、保護者の方とも密に連絡を取り合っています。

都内で開催しているものです。このような場もあるのだな、と知っていただければ幸いです。ご興味がある方は、上記リンク先のMaiさんのnoteに活動報告もあるので、ぜひご覧になってみてください。

書籍執筆

2024年2月に『MENSA会員の出会った「ラベリング迷子」の女性たち ~女性・女の子の分かりづらいマイノリティ性~』というkindle書籍を出版しました。

ブログの文章が溜まる中、より「女性/女の子」や「マイノリティがカモフラージュする構造」といった方向性の記事を書いていきたいと思うようになりました。その中で名刺代わりのような何かを作りたい!という思いから、それまでにブログに書いてきたエッセンスを纏めて本にしたものです。

定価は899円ですが、kindle unlimitedに登録していれば無料で読めます。

「女の子 ギフテッド  特長」といった検索ワードで入ってきてくださった当事者の方や保護者の方など当事者に近しい方に向けて書いているものですので、ご興味がありましたらぜひお読みください。

その他イベント

MENSA内部でオフ会をしています。自身が主催の時も(特にギフテッドと関係ないイベントしている時もあります)、Maiさん等他の方が主催しているイベントのスタッフとして参加している時もあります。

まるは元々美術館に行くのが好きだったり、哲学対話という答えの無い問いについて複数人で考える場のファシリテーターをしたりもしています。このような趣味嗜好の方向性もあり、どちらかと言うと文系寄りな催しをしている事が多いです。

個別のご相談

もしまると一対一で話してみたい/話を聞いてほしい!とお思いになって下さったというありがたい方は、ココナラにて受け付けています。

ココナラにて、60分3500円でオンライン対面カウンセリングを行っております。

ギフテッド・2E・凸凹関連のご相談にのります わが子は周りと違う?凸凹っ子に関するお話をしたい方へ | 家庭教師・アドバイス | ココナラ
【サービスについて】自身が某高IQ団体の会員であり、日々関連書籍を読んだり近しい気質を持つ方々と接する機会があります。個人の方・ご家庭単位両方の相談や個別指導を...

また、その他複数軒のご家庭にて個別指導を行っております。こちらももしご希望の方がいらっしゃればぜひお声がけください。

以上、このブログと著者についての説明でした。

ここまで読んでくださってありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました